旅行情報局

旅行に関する情報を発信していきます

旅行に行く前に知っておきたい飛行機預け荷物について(国内線)

どんな荷物が持ち込めてどんな荷物が預けれなければいけないのか、何が預けれないのかなどについて、まとめておきます。

 

目次

1.預けなければいけない荷物の大きさとルール

2.預け荷物に入れられないもの

3.預けた方がいいもの

 

解説

1.預ければいけない荷物の大きさとルール

100席以上の便に乗られる方

・3辺(縦+横+高さ)の和が115㎝を超える荷物

100席未満の便に乗られる方

・3辺(縦+横+高さ)の和が100㎝を超える荷物

共通

1人20kgまで(2人なら40kgと人数に応じて比例します)

※格安航空会社はこの通りとは限りません 

 

2.預け荷物に入れられないもの

 高価品

現金、宝石類、貴金属、有価証券、美術骨董品など

貴重品

 書類、電子データ、旅行券など旅行に必要な身分を証明する文書、見本、カード類、金券、小切手、定期券、鍵、パソコンおよび周辺機器類、携帯電話、カメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラ、薬、絵画、時計、形見など

※機内持ち込みサイズを超えるものを機内に持ち込む場合は特別旅客料金を支払って別途座席を購入する必要があります。

これらのものは、絶対に預けられないわけではありませんが、破損しても弁償してもらえないことが多いので、なるべく持ち込みましょう。

そのほかにも預け荷物に入れることを禁止されているものもあります。一例として、一般的によく持たれているものをあげておきます。

電子タバコ、モバイルバッテリー、リチウムイオン電池、ライター、マッチなど

 

3.預けた方がいいもの

凶器類

ハサミ、ナイフ類、カミソリ、カッターナイフ、工具、バット、ツールナイフなど

これらの中には基準を満たせば持ってはいれるものもありますが、できるだけ預けておきましょう。